Home > 高等学校卒業程度認定試験とは

高卒認定(=高認)の正式名称は高等学校卒業程度認定試験といいます。学歴が中卒や高校中退でもこの試験に合格すれば、高校卒業と同程度の資格が得られるというものになります。

※高卒認定試験は、平成16年度まで実施されていた大学入学資格検定(=大検)に変わり、平成17年度より実施されています。

高卒認定(高認早わかり表)

  第1回 第2回
受験案内配布時期 4月中旬~ 8月上旬~
出願期間 5月中旬頃
(2週間程度)
9月中旬頃
(2週間程度)
試験日 8月上旬
(平日2日間)
11月中旬
(土日の2日間)
合格発表 9月上旬 12月中旬
合格要件 8科目または9科目すべてが合格または免除で満たされた場合 (ただし、全科目が免除条件を満たした場合、好きな科目を最低1科目を受験する必要がある)
合格点 各科目40点程度
合格率 約40%
(一部科目合格者は8割~9割以上)
難易度 中学~高校の基礎レベル
(センター試験より易しい)

合格すると

合格者の方は希望する国・公・私立のどの大学・短大・専門学校でも受験でき、各種の国家試験などに際しても、高校卒業者と同じ扱いを受けることが可能になります。又、海外の大学への進学(留学)への道も切り開くこともできます。又、就職等にも広く活用できる試験とすることも高卒認定の大きな趣旨となっています。

尚、高卒認定試験の(一部)合格科目は、学校長の判断によって、高等学校での単位認定(卒業単位に加算)されるなど学習成果を評価されるようになりました。

合格証書の見本

受験科目(試験科目)

高卒認定試験は、国語、地理歴史(日本史、地理のどちらかを選択になります)、公民(「現代社会」「倫理・政治経済」のどちらかを選択になります)、数学(数学)、理科(理科総合、物理Ⅰ、化学Ⅰ、生物Ⅰ、地学Ⅰのいずれか2科目選択)、英語の6教科8科目(倫理・政治経済選択の場合は9科目)が試験科目です。尚、試験は1科目50分、マークシート形式です。

試験科目(受験科目)の一部免除

高校で単位を取得している科目や技能検定に合格しているケースの方は、申請することにより一部科目が受験免除となります。

問題の水準と合格水準

文部科学省の正式な発表はされていませんが、100点満点中40点程度が合格ラインであると予想されています。

合格要件

高卒認定試験は、以上の6教科のうち、8科目(倫理・政治経済受験の場合は9科目)に合格または免除で満たされた場合は、高等学校卒業程度認定試験【高卒認定試験】の合格者となることが可能です。尚、合格者が満18歳に達していないときには、満18歳に達した翌日から合格者となります。

受験資格(受験対象者)について

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定】は、翌年4月1日までに満16歳以上になる方で、高校卒業資格(高校卒業学歴)のない方ならどなたでも受験できる仕組みになっています。

受験料について

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定】の受験料は以下の通りになっています。出願のときに、願書に収入印紙を貼り付けて納付して下さい。

7科目以上 8,500円
4科目以上6科目以下 6,500円
3科目以下 4,500円

試験会場について

各都道府県に1会場ずつ設けられるようになっています。その際、必ずしも受験者の本籍地や現住所の都道府県で受験しなければいけないわけではありませんが、出願後の受験地の変更はできません。

参加学校様募集
  • 通信制高校入学支援センターとは
  • 「通信制高校入学支援センター」は、全国の通信高校・サポート校・高校認定予備校に、無料で一括資料請求できるサイトです。これから学校を選ぶ人たちが抱えている不安や意見交換を気軽に行ってもらえるように掲示板もあります。「通信制高校入学支援センター」を、あなたに最適な学校選びに是非お役立てください。
  • かんたんアンケート
  • 通信制高校に入ったらどんなことしたい?
  • たくさん友達を作りたい!
  • 勉強を頑張りたい
  • やりたいことを見つけたい
  • 資格をとりたい
  • ともかく高校卒業が第一