Home > あなたの入学スタイルは?

通信制高校の入学時期は大きく分けて春と秋(4月・10月)の年2回です。

通信制高校の募集時期は1月~4月下旬の高校が多く、早いところでは11月から募集を開始する学校もあります。通信制高校が全日制や定時制高校と大きく違う点は、地域制ではなく広域通信制が認められている高校が多数あるということです。

あなたの行きたい高校が住んでいる地域に関係なく入学出来るので、選択肢が大きく広がります。

高校生&高校を退学した方へ

学校での学習上事や人間関係など、その他色々なつまずきで転校を余儀なくする人は少なくありません。将来の夢に向かって学ぶことを決心し、スタートしている仲間がたくさんいます。他の高校に在籍していて転校(入学)する転入、一度他の高校を中途退学して再び高校へ入りなおす編入、どちらも時期を問わずに受け入れ可能なことが多いです。転入の場合は、在籍している高校の単位をそのまま移行することができるので、同じ年齢の人と同じ時期に卒業することも可能です。

編入の場合も、在学していた高校で修得した単位は、卒業単位として認められるので、一度あきらめた高校生活をもう一度やり直すチャンスなのです。登校日数は学校によって違いはありますが、週1日~月1回で良い学校も多々あります。自分のペースでゆっくりと進めばいいのです。資料請求をしたら、各学校の特色を確認してみましょう。

※学校によっては引き継げない場合がありますので詳細は各学校に問い合わせください。

中学生の方へ

中学校のときは勉強が苦手だった・・・、不登校だった・・・。でも大丈夫!あなたが得意なことや、挑戦してみたいこと、今しかできないことを見つけることから始めてみましょう。通信制高校は、全日制高校とは違う高校生活を自分で作り出す事が可能です。例えばアルバイトをしながら高校の勉強をする。や、自分の興味があることをやりながら大学進学を目指すなど、今まで自分でも気づかなかった自分を発見できるかもしれません。ただなんとなく・・・で選ぶより、続けられることが大切です。進路のひとつに通信制高校を考えてみるのは、悪い選択ではないはずです。登校日数は学校によって違いはありますが、週1日~月1回で良い学校もたくさんあるので、自分のペースでゆっくりと進めばいいのです。資料請求をしたら、各学校の特色を確認してみましょう。

※中学卒業年齢(15歳)以上であれば、誰でも通信制高校に入学することができます!

社会人の方へ

学校での人間関係や学習上のつまずきで転校をする人は決して少なくありません。自身の将来の目標に向かって学ぶことを決めて、スタートしている仲間はたくさんいます。他の高校に在籍していて転校(入学)する転入、一度他の高校を中途退学して再び高校へ入りなおす編入、どちらも時期を問わずに受け入れ可能なことが多いです。転入の場合は、在籍している高校の単位をそのまま移行することができるので、同じ年齢の人と同じ時期に卒業することも可能なのが通信制高校です。編入の場合も、在学していた高校で修得した単位は、卒業単位として認められるので、一度あきらめた高校生活をもう一度やり直すチャンスです。登校日数は学校によって違いますが、週1日~月1回で良い学校もたくさんあるので、自分のペースでゆっくりと進めばいいのです。資料請求をしたら、各学校の特色を確認してみましょう。

サポートもしっかりしてるから安心

普段は自宅学習ですが、スクーリング(面接)の為、学校やコースによって週3回、月1回など頻度は違いますが登校する日があります。 自分の体調や状態によって自由に学校を選択することが出来るので、不登校に悩んでいた人には最適です。年齢も幅広く、学年に決まりがないので世代を越えて色々な人と出会う事ができます。

不登校に悩んでいたり、学力に自信がなくて通信制高校を選択することに不安がある場合は、サポート校を合わせて利用するとよいでしょう。

サポート校とは、通信制高校に在籍する生徒に対して、3年間で卒業ができるよう単位取得や進級などに必要とされる支援を行う民間の教育施設です。 学習だけでなく、カウンセラーの資格を取得した先生が、不登校はもちろん、心に傷を持った生徒をサポートしてくれる学校もあります。

参加学校様募集
  • 通信制高校入学支援センターとは
  • 「通信制高校入学支援センター」は、全国の通信高校・サポート校・高校認定予備校に、無料で一括資料請求できるサイトです。これから学校を選ぶ人たちが抱えている不安や意見交換を気軽に行ってもらえるように掲示板もあります。「通信制高校入学支援センター」を、あなたに最適な学校選びに是非お役立てください。
  • かんたんアンケート
  • 通信制高校に入ったらどんなことしたい?
  • たくさん友達を作りたい!
  • 勉強を頑張りたい
  • やりたいことを見つけたい
  • 資格をとりたい
  • ともかく高校卒業が第一