Home > 通信制高校の基礎知識

通信制高校の魅力

通信制高校の最大の魅力は、学ぶためのスタイルが自由なことです。
学校によって通学スタイルもさまざま、であなたに合ったものを選ぶことができます。
毎日通学するタイプの学校もあるし、年に数日の通学で卒業できる場合もあります。
卒業に必要な単位に応じて、スクーリング、レポート、試験を消化する必要はありますが、それ以外の時間の使い方は比較的自由なところが魅力。
コース設定やゼミ形式の授業で必要単位以外のさまざまな分野を学べる学校も多いので、まずは資料請求から始めましょう。

通信制高校を選ぶポイントは?

まずはあなたの生活に合った通学スタイルの学校を選びましょう。
通信制高校では全日制よりも自由に時間が使えるのが魅力ですが、やはり継続して学習を続けていかないことには卒業までたどりつけないのは通信制高校も同じ。
実際に学校に訪問してみるのもいいと思います。そこであなたが勉強しやすい環境をあなたの目で見てしっかり選びましょう。
「高校を卒業したい」という気持ちがしっかりしてさえいれば、卒業するのは難しくないのが通信制高校。
でもいっしょに学ぶクラスメートやサポートしてくれる先生、学校スタッフの存在も重要なチェックポイントだといえます。

○通信制高校のことがわかる用語

■広域通信制(高校)

本校の所在地にかかわらず、広い地域から生徒を募集する通信制高校のこと。
学校ごとに募集可能な地域が決まっていますが、全国47都道府県から入学可能な通信制高校も少なくありません。
まずはあなたの居住地から入学可能な学校かどうか資料請求し確認することからスタートしましょう。

■スクーリング

日本語で言い換えると「面接指導」。通信制高校の基本は自学自習ですが、科目に応じて必要な時間数、通学して直接指導を受けることが必要になります。
NHKの通信講座やインターネット授業を一定量のスクーリングに振り替えることもできますし、集中スクーリングを実施している通信制高校では年間一週間程度の通学でカバーすることも可能です。

■レポート

修得をめざす単位に応じて、一定の回数「提出」しなければいけないのがレポート。
しかし、ただレポートと言っても長文を書くわけではなく、教科書を読めば答えていける穴埋めテスト型のものが多い。
通学型の通信制高校ではレポート指導の時間が確保されているので、無理なく消化できます。もちろん提出期限を守ることが重要になります。

■サポート校

通信制高校の学習(レポート提出)をサポートしてくれるのがサポート校。
サポート校もさまざまなスタイルの学校があり、音楽やファッションなどの分野を学びながら通信制高校卒業を目指すケースや、進学塾のノウハウを活かして大学受験までフォローしてくれる学校など、自分の方向性に応じて学べるのが特徴です。
高校卒業を目指すときに通信制高校で選ばずに、サポート校の学習環境を重視して学校選びをする場合もあります。あなたにあった学校選びを資料請求からまず、初めてみましょう。

参加学校様募集
  • 通信制高校入学支援センターとは
  • 「通信制高校入学支援センター」は、全国の通信高校・サポート校・高校認定予備校に、無料で一括資料請求できるサイトです。これから学校を選ぶ人たちが抱えている不安や意見交換を気軽に行ってもらえるように掲示板もあります。「通信制高校入学支援センター」を、あなたに最適な学校選びに是非お役立てください。
  • かんたんアンケート
  • 通信制高校に入ったらどんなことしたい?
  • たくさん友達を作りたい!
  • 勉強を頑張りたい
  • やりたいことを見つけたい
  • 資格をとりたい
  • ともかく高校卒業が第一