Home > サポート校について > サポート校選びのポイント

サポート校選びのポイント(1) ~学費~

サポート校は通信制高校との同時入学が基本になります。そのため学費が二重になるケースが多く、経済的な負担が大きくなることも事実です。また、高校必修科目のみならず専門知識やスキルを学ぶため、通常の通信制高校よりも割高だと感じるかもしれません。 しかし、通信制高校を独学で3年間で卒業できるのは全体の2割だともいわれていることも現実です。学習面や精神面での手厚いフォローや身につく知識や資格をトータル的に考えて選ぶ必要があります。

サポート校の学費は学校ごとに開きもあります。入学金が10万円前後、授業料が年間30万~100万と大きく違い、その他施設費などの諸費用も加算されます。特待生の制度がある学校や選択コースによっても異なりますので、資料に目を通した後、各学校にお問い合わせください。

サポート校選びのポイント(2) ~将来の進路~

サポート校は予備校や学習塾、専門学校が母体となっているケースが多いので、高校の必修科目以外に専門的な知識や実技が学べることも特徴です。
芸能や音楽などの道に進みたいと夢を持っている人、ウィンタースポーツやサッカーなどプロスポーツ選手を目指している人、動物職専門資格を取得したいと思っている人など、自分の夢や目標が明確な人にとって学業との両立を支援するサポート校は最適といえるかもしれません。

また、大学進学の希望をもっている人には、高校の基礎知識だけでなく大学受験の高度なノウハウを持っている予備校が母体になっているサポート校は一つの選択肢にもなります。 高校の卒業資格とともにそれらの専門知識や資格を取得できるのは、サポート校ならではの魅力です。

サポート校選びのポイント(3) ~スクーリング~

サポート校は通信制高校在学生を教育面や生活面、精神面でサポートしていくことを目的としていますので、通学することが基本になります。提携通信制高校のスクーリングがサポート校で受けられる学校もあります。

通学スタイルは全日制のように週5から在宅コースまでさまざまですが、自分の生活スタイルに合ったサポート校を選びましょう。また、通学に無理のない距離での学校が望ましいかもしれません。学校によっては提携広域通信制高校の募集区域と合わせて、募集する県を限定している場合もありますので。、居住している県やまたは勤務している県が入学できる県かどうかの確認が必要になります。

サポート校選びのポイント(4) ~eラーニング~

全日制や定時制の高校に比べて、通信制やサポート校はインターネットを相互通信として利用したeラーニングを積極的に活用している学校もあります。eラーニングとはインターネット上で実際の授業を受講でき、必須であるレポートを送信することが出来ます。 例えば不登校が原因で高校を中退した人、通学に不安を覚える人には適した学習スタイルかもしれません。 今注目されているスタイルのサポート校になりつつあります。