Home > 通信制高校とは > 通信制高校のメリット

通信制高校のメリットは?

通信制高校には、全日制高校や定時制高校とは違う、通信制高校にだけのさまざまなメリットがあります。

あなたのライフスタイルにも合う通信制高校

通信制高校は、レポート→スクーリング→単位認定試験という流れを繰り返しながら科目の単位を修得し、積み重ねていきます。最終的に3年間で74単位を取得している必要がありますが、高校を中退して通信制高校へ入学全日制高校や定時制高校と比べて、通学する日数が圧倒的に少ないので、自分のための時間を多く持つことが可能なのです。アルバイトや習い事にも時間が使えることはもちろん、芸能やスポーツのプロを目指した活動もできます。大学進学を目指す人はよりランクの高い大学を目指して、受験専門の予備校に通って実戦力を養うこともできます。

通信制高校ならアルバイトにも時間が使える余裕がある
△アルバイトに時間が使えるのが通信制高校のメリット

通信制高校を活用すれば、今の自分や自分の将来の目標にあわせて、ライフスタイルの選択の幅が広がります。

単位制(=無学年制)で留年なし

全日制高校や定時制高校は、一般的に「学年制」を採用しています。長期欠席、成績不振等の理由で、学年ごとに決められた科目の単位を修得できないと留年となります。
しかし、多くの通信制高校では「単位制」となっており、必修科目以外は自分の関心や興味のある科目を履修し、卒業までに74単位を修得すればいいわけです。
最近は高校に進学する志望動機や興味、関心などが多様化しており、通信制高校における「単位制」は今の時代のニーズに合っている高校スタイルともいえます。

単位制で留年なし3年間で卒業
△単位制で留年なし3年間で卒業

広域通信制で全国各地から入学可能に…

「広域通信制高校」と呼ばれる通信制高校では、全国の都道府県から入学することができます(※)。ですので、自分に適した通信制高校を選びやすくなります。広域通信制高校では、それぞれの地区に分校や協力校、学習センターなどを開設しているので、通いやすい場所に通学できる事も通信制高校のいいところです。

広域通信制高校は全国から入学できる
△広域通信制高校は全国から入学可能!

※一部の通信制高校では、入学できる都道府県が定められている場合もあります。

※「広域通信制高校」に対して「狭域通信制高校」では、高校所在地の都道府県と隣接する一つの都道府県からの入学に限定されます。

幅広い年齢層、いろんな人達と交流できる

大部分の通信制高校は「単位制」で学年の区別がありません。そのため、先輩・後輩といった堅苦しさは全日制高校ほど無いのです。通信制高校には、さまざまな境遇の人たちがおり、自分と同じような経験をしてきた人やすでに社会で活躍している人、社会経験のある年配の方もいます。さまざまな人たちから、苦労された話など聞くこともできますし、相談やアドバイスもしてくれる場合もあるでしょう。通信制高校には、幅広い年齢層の人たちが在籍しているため、これまでにない、新しい人間関係つくる学校という新しい空間なのです。

さまざまな人達と交流できる通信制高校
△いろんなな人達と交流できる通信制高校

長期欠席や不登校者という方でも入学が可能

全日制高校に進学する場合は、内申書の関係で長期欠席や不登校は不利な要素となります。仮に全日制高校へ進学できてもそれまでの状況を考えると、3年間通うことへの不安もあると思います。
しかし、通信制高校では内申書が入学に影響することは、ほとんど無いのです。また月に1~2回の登校でよければ、不安も少なく、マイペースで学習していくこともできると思います。最近では、不登校の経験を持つ生徒に心のケアをしてくれるなど、親身に指導してくれる通信制高校も増えてきていますので、資料を読み、各学校に詳しく聞いてみるようにしてみましょう。

心のケアもしてくれる通信制高校も増えてきた
△心のケアもしてくれる通信制高校も多い

秋入学も可能、転編入は随時受け入れも多数

大部分の通信制高校では、春の入学の他に秋の入学もできます。また、全日制高校から別の全日制高校転編入することはかなり困難ですが、通信制高校へは意欲があれば入学は容易です。しかも、転・編入については随時受け入れを行っている通信制高校も多数あり、さらには前籍高校での修得単位や在籍日数などを活かすことも可能です。

春入学の他、秋入学もある通信制高校も増えてきた
△秋入学もある通信制高校も多い

高卒認定試験の合格科目を卒業単位に加算ができる

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定試験】(旧大検)の合格科目は通信制高校の卒業単位に加算ができます。単位が思うようにとれない状況になった場合など有効です。 (加算できる単位数には限度があります)