Home > 不登校でも大丈夫

『不登校』という言葉を最近耳にします・・・。一体どういった意味なのでしょうか?

文部科学省では「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由を除いたもの」と定義づけされていますが・・・

  • 不安定などの情緒混乱 ・・・ 26.1%
  • 複合的な理由によりいずれかの理由が主であるか決めがたい ・・・ 25.6%
  • 無気力 ・・・ 20.5%

・・・と、人によってさまざまです。

不登校は決して特別なことではなく、不登校児童生徒の在籍している学校数が小・中学校全体の57.6%という数字(平成13年文部省調べ)から見ても、身近に起こりえる事なのです。

不登校の理由

もう悩まないで!通信制高校という新しい道があるんです。

不登校の原因は人によっていろんな理由があります。いじめなど原因がはっきりしている人もいれば、朝起きられない、学校がおもしろくない・・・色々だと思います。 みんなに共通している気持ちは「ずっとこのままでいいのか?」という不安や、「いつか変われる日が来るのか?」という焦りではないでしょうか・・・。学校へ行く事が必要であることは理解していても、そのあと一歩の勇気が出せない・・・。親に心配をかけさせたくないけど、新しいことをはじめる勇気がない。きっといろんなことを考えて、悩んで苦しんでつらい思いをしてしまっていることだと思います。でも、生き方は人それぞれなのです。みんな同じでなくてもいいんです。学校へ行けない日が続けば続くほど「このまま勉強はしないと、どうなってしまうの?」と不安になる思います。年齢が上がれば上がるほどその不安は大きくなり、特に中学・高校生くらいになると「高校くらいは卒業しないと就職もできないのでは?」と思う事も多くなってくると思います。でも、そう思うことは・・・実は、もうすでに新しい一歩は始まっているのです。高校にもなると、勉強のレベルも難しくなるし、出席日数やテストの点数によって、進級や卒業出来ない場合も出てくるので、よけいに不登校になりがちにもなるものです。高校には全日制や定時制といった登校して勉強する方法だけでなく、通信制高校という新しい道があるのをご存知ですか?

通信制高校ってどんな学校?

通信制高校とは、教育課程のひとつである「通信制課程」がおかれている高校のことで、自宅学習によって、レポートの提出、スクーリング(面接)、テストという方法で必要単位を取得すれば、高校卒業資格を取得することが出来ます。

不登校ではネックになる内申書や出席日数は全く気にしなくていいのです。アルバイトをしながら10年以上かけて高校卒業資格の取得をめざしている人や、忙しくて高校に通えなかった芸能人など不登校以外にもさまざまな理由で入学する人がたくさんいます。

通信制高校のメリット

通信制高校の一番のメリットは自由な時間で学べるということです。朝早く起きて毎日学校に通う必要もなく、自分の好きな場所で好きな時間に勉強することが出来ます。

学校に行っていれば授業や宿題があるので自然と勉強する機会が増えますが、通信制高校では自身の自己管理が必要とされるので、しっかりした意識を持つことが要求されます。

それでも、それを乗り越えて行くことで自信の大きな自信につながります。
自分のペースで無理なく少しずつでいいのです。
勇気を出して一歩を踏み出すことで、あなたらしい新しい生き方が見つかるお手伝いを『通信制高校入学支援センター』はお手伝いしたい。と考えます。がんばれ!!

参加学校様募集
  • 通信制高校入学支援センターとは
  • 「通信制高校入学支援センター」は、全国の通信高校・サポート校・高校認定予備校に、無料で一括資料請求できるサイトです。これから学校を選ぶ人たちが抱えている不安や意見交換を気軽に行ってもらえるように掲示板もあります。「通信制高校入学支援センター」を、あなたに最適な学校選びに是非お役立てください。
  • かんたんアンケート
  • 通信制高校に入ったらどんなことしたい?
  • たくさん友達を作りたい!
  • 勉強を頑張りたい
  • やりたいことを見つけたい
  • 資格をとりたい
  • ともかく高校卒業が第一