Home > 高等学校卒業程度認定試験とは > 受験資格(受験対象者)等について

受験資格/高卒認定(高認)

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定/高認】は、受験する年度内(受験する翌年の3月31日まで)に満16歳以上になる方で、高卒資格(高卒学歴)のない方ならどなたでも受験できます。

旧制度の大学入学資格検定【大検】では、全日制高校に在籍している場合は受検できませんでしたが、高等学校卒業程度認定試験【高卒認定】では、全日制高校の在籍していても受験できるようになりました。定時制・通信制全日制の在学生についてもこれまでと同様に受験可能です。

大検合格者は受験できません

旧制度の大学入学資格検定【大検】の合格者(=全科目合格者)は受験できません。大学入学資格検定合格者も高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められますので、大学受験や就職の際の扱いは高等学校卒業程度認定試験の合格者と同じです。

合格科目は高等学校の卒業単位に加算可能

高卒認定試験の合格科目は、学校長の判断によって、高等学校での単位認定(卒業単位に加算)されるなど学習成果を評価されるようになりました。特に、通信制高校で高校卒業を目指す方や、なんらかの理由で高校を長期欠席した方などに有効です。