Home > 高等学校卒業程度認定試験とは > 高卒認定試験の難易度

難易度と合格点・合格率/高卒認定

高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)は落とすための試験ではありません。むしろより多くの人たちに進学や就職のチャンスを与えるための受からせる試験だと思ってください。この考え方は、競争試験である入学試験とは異なる点です。そのため、難易度は入学試験ほど高くありません。

高認の合格点は40点以上

「高認(高卒認定試験)は難しい・・・」「合格できない・・・」と言われることがあります。確かに科目数が多い試験なので難しいと感じるかもしれませんが、科目ごとの難易度はそれほど高くはなく、ほとんどは中学~高校1年生で学習するような問題内容となっています。
下のグラフは高卒認定【高認】試験の合格率ですが、毎年4割前後もあります。言い換えると、100人につき約40人は合格していることになります。しかも、一部科目合格率(少なくとも1科目に合格している人)は90%を超えています。高卒認定【高認】は正しい学習をすれば、それほど難しい試験ではないのです。

合格率の推移

先輩からのメッセージ・・・さおりさん

今年の春に高校を休学して、色んな進路を考えた結果・・・、高認試験を受けることを決心しました。約3ヶ月という期間で、過去問を繰り返し何度もやって、一発で合格しました。自分は今までこんなに一つの事に執着して頑張ったことはありませんでした。やればできる!!!そう実感しました。私と似ている境遇の方に言いたいです!やればできるんです。これから高認試験を受ける皆さんも頑張ってほしいです。そして、全科目合格したら、大学進学や専門学校など行ける可能性と先の夢や希望を持つ事が出来るんです。皆さんの夢を叶えて下さい。