Home > 高等学校卒業程度認定試験とは > 高卒認定の試験科目は?

試験科目(受験科目)/高卒認定(高認)

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定試験/高認】の試験科目は、以下の6教科13科目のうち8科目の受験になります。

ただし、公民で倫理及び政治・経済を受験した場合は9科目です。尚、免除対象となる科目がある場合は、出願時に申請すれば免除されます。

教科 受験科目
国語 国語 必ず受験
地理歴史 世界史 必ず受験(AまたはB)
日本史 いずれか1科目を必ず受験
(AまたはB)
地理
公民 現代社会 現代社会1科目または
倫理及び政治・経済の2科目を必ず受験
倫理及び政治・経済
数学 数学Ⅰ 必ず受験 
理科 理科総合 いずれか2科目を受験
物理I
化学I
生物I
地学I
外国語 英語 必ず受験

A・Bがある項目について

A及びBが付されている科目(世界史、日本史、地理)については、試験当日に配付された試験問題を見てから、A、Bのいずれかを選択することができます。ただし、AとBのどちらか1科目しか受験できません。

理科総合については、全8題中4題選択して解答することになっています。高卒認定試験では、A・Bのくくりはございません。

地歴の選択について

地理・日本史・公民(現代社会・政治経済)については、必ず自分の出願した科目を受験してください。出願と異なる科目を受験した場合には、その解答は無効になります。

尚、政治経済と倫理については、「2科目とも合格」または「免除と合格の組み合わせ」で公民が合格となりますので、受験する方はよく注意をしてください。

※ただし、2科目とも免除の場合は、公民が免除になります。

出題形式と問題数

高卒認定試験の出題形式は全科目がマークシート方式となります。ほとんどの科目は4~5の選択肢から選んで解答(マーク)します。試験時間は各科目50分です。問題数は科目により20~40問程度です。

問題のレベルと合格基準

合格点については文部科学省から正式な発表はありませんが、調査により大検のときと同様に100点満点中40点程度での合格が推定されているようです。

受験科目の免除について

高校で単位を取得している科目、大学入学資格検定【大検】で合格している科目、技能検定に合格しているや場合、一部受験科目の免除申請をを行うことが可能です。

※高等学校卒業程度認定試験【高卒認定試験】の受験科目がすべて免除で満たされる場合は、好きな科目を1科目以上受験して合格すれば、高卒認定試験の合格者となります。

合格要件

高卒認定試験では、以上7教科のうち、8科目(または9科目)が合格または免除で満たされた場合に、高等学校卒業程度認定試験【高卒認定試験】の合格者になります。尚、合格者が満18歳に達していないとき場合は、満18歳に達した翌日からの合格者となります。