Home > 通信制高校の学費って?

通信制高校の学費は、全体的には全日制高校よりも安く抑えられていることがほとんどです。公立の通信制高校の場合には、とても安く設定されています。入学金が500円、授業料は1年で1~3万円程度、1単位あたり300円~と設定されている学校もあります。

一方、私立の通信制高校の場合は、公立と比べて学費は高く(通学ペースにもよりますが)、安いところで、入学金が2万円、授業料も年間で20万円~と公立と比較すると、私立の学校は割高となっています。

公立高のメリット・デメリット

公立の場合、入学金や学費が安い分、自分自身で自主学習をし、必要なレポートを提出しなければならない。など、自身でしっかり学習を進めていかなければ、3年間で卒業資格を取得するのは難しいのが現状です。

また、先生と接する機会も少ないという事もあり、なかなか相談がしづらいというデメリットもあるようです。

私立高のメリット・デメリット

私立の場合、学費は公立に比べると高くなってしまいますが、通学することで学校の先生から直接指導を受けることができますし、レポート提出についての疑問や学習の進め方などサポート体制がしっかりしていることが特徴として挙げられます。

最近では、インターネットを通じたライブ授業を導入しているところも多くあります。

ワンポイント!

通信制高校は、公立にも私立にもそれぞれのメリットがありますから、入学金や授業料の費用で、選ぶことから検討する事も大事ですが、あなた自身の生活リズムや特性も考え、しっかりと各校を比較してから、選ぶ必要があります。複数の学校の資料をしっかり手にとって見てじっくり考えましょう。

通信制高校も奨学金制度が充実!

通信制高校でも全日制高校と同じように、「日本学生支援機構(旧日本育英会)」や「あしなが奨学金」といった有名な機関や、あなたのお住まいの各自治体の奨学金制度や学校独自の奨学金制度を設けているところも多くあります。

入学を検討している方は、資料請求後、まずは各学校にお問い合わせをしてみましょう。

参加学校様募集
  • 通信制高校入学支援センターとは
  • 「通信制高校入学支援センター」は、全国の通信高校・サポート校・高校認定予備校に、無料で一括資料請求できるサイトです。これから学校を選ぶ人たちが抱えている不安や意見交換を気軽に行ってもらえるように掲示板もあります。「通信制高校入学支援センター」を、あなたに最適な学校選びに是非お役立てください。
  • かんたんアンケート
  • 通信制高校に入ったらどんなことしたい?
  • たくさん友達を作りたい!
  • 勉強を頑張りたい
  • やりたいことを見つけたい
  • 資格をとりたい
  • ともかく高校卒業が第一